デリケートゾーンをツルツルで美しく

ハイジニーナ脱毛とはビキニラインであるVライン、股の間のIライン、お尻の奥のOラインの脱毛、つまりアンダーヘアの脱毛のことです。
水着からはみ出ないように形を整えたり、好みのデザインに脱毛することもできますが、すべてのアンダーヘアを脱毛することもできます。

ハイジニーナ脱毛をすると生活が快適になると口コミでの評判が高くニーズが多い部位です。
皮膚が薄く、痛みを感じやすい敏感な部位であるデリケートゾーンは光脱毛での施術が適しています。
他の部位に比べて皮膚の黒ずみが目立つ部分なので、医療レーザー脱毛ではやけどを起こすなど肌トラブルの危険があります。
光脱毛も医療レーザー脱毛も、黒褐色のメラニン色素に反応する光やレーザーを照射して毛根に熱ダメージを与える方法です。
日焼けした肌やシミやホクロ、黒ずみの部分には反応してしまいます。

パワーが強いレーザーは脱毛効果が高いのですが肌への刺激も強く、痛みを伴います。
肌への刺激が少ない光脱毛は、肌トラブルを避けることができますし、ほとんど痛みを感じません。
一回の脱毛施術ごとに仕上がり具合の様子を見て、慎重にデザインを決めることもできます。
口コミで多いのは、ハイジニーナ脱毛をすると下着で蒸れることがなくなり、排泄物がアンダーヘアに付かず衛生的で快適になるということです。

光脱毛はムダ毛をなくすだけでなく美肌効果もあるので、デリケートゾーンがツルツルで美しくなることにも話題です。


家庭用脱毛器の実力

自宅で手軽に脱毛ができ、なおかつエステ並みの効果があると発売されている家庭用脱毛器、本当にエステ並みの効果があるの?と半信半疑にもなりますね。脱毛器自体が結構なお値段をしていますので、試してみよう・・という感覚ではあまり手が出せないものです。

では、実際に家庭用脱毛器で永久脱毛が可能かどうかをお話していきます。 家庭用脱毛器でできる脱毛方法というのは、光脱毛と呼ばれるものです。光脱毛というのはエステサロンでも行われているものです。しかし、本当の意味でいうと、光脱毛は永久脱毛ではありません。確かに繰り返しているうちに生えにくくなったり、気にならないような薄さになるということは十分考えられますが、しっかりとした意味で永久脱毛ではないのです。

これはエステサロンの光脱毛も同じです。 個人差があるということですね。そのため、光脱毛ができることは同じなので、エステ並みの効果は得られるということです。それが永久脱毛とは呼べませんが、大きな効果は期待できるでしょう。 エステに通うとなると、時間もお金もかかります。また箇所によって料金もかわってきたりと、脱毛を繰り返すうちに結構な値段になってしまうことがあるのです。家でできるなら、そのような心配がありません。同じような効果ならば、とても便利だと思いますよ。

日焼け肌の脱毛

脱毛をするにあたり、皮膚の色が問題になることがあります。エステで脱毛に通っている人にも、エステ側からいわれるのは「日焼けをしないでください」といった注意事項。日焼けをして行くと、今日は脱毛はできませんといわれることもあるのだそうです。それはなぜでしょうか。 脱毛器というのは、メラニンに反応して光を照射します。

要するに黒いもの、ですね。皮膚の色と毛の色を区別して、黒い部分に照射をするということです。日焼けをしている肌にも反応してしまう可能性があり、肌が熱を持ってしまいます。火傷をしないためにも、日焼け肌には光脱毛ができないということです。 脱毛というのは1回で完了するものではありません。

毛周期に合わせて何度も脱毛をしていくことになりますから、自分が納得する脱毛ができあがるまでは日焼けしないように注意してください。 これはエステで行おうが家庭用脱毛器で行おうが同じです。日焼けをしてこんがり肌になりたい人も、脱毛が終わるまでは我慢してくださいね。 特に夏場は知らないうちに日焼けをしてしまうこともあります。脱毛をお休みする期間が出てきてしまっては、なかなか進んでいきません。日差しには気をつけましょう。